八ヶ岳卵

中村農場のお食事処の親子丼にも使われている卵
販売価格
1,080円(税込み)
商品コード
305

数量

カテゴリー
〈八ヶ岳卵のおすすめの食べ方〉
八ヶ岳卵の一番のおすすめの食べ方は「すき焼き!」。濃厚な割り下にも負けない、卵の味の主張がしっかりある卵だからこそ、すき焼きにしたときに、その存在感をより感じられます。ぜひお試しください。

〈八ヶ岳卵の美味しさのヒミツ〉
八ヶ岳卵は、日本在来の地鶏「横斑プリマスロック」を親に持つ「岡崎おうはん」の卵です。この岡崎おうはんが新しい品種として登場するまえまでは、中村農場の八ヶ岳卵は、横斑プリマスロックを使用していました。もともとは、鶏の原種(品種改良されていない品種)にこだわって、飼育をしていましたが、どんな生産物も品種改良するのには、意味があって、味は良くても、生産性が悪かったり、大きさが小さかったり、それなりの欠点があります。横斑プリマスロックに関しては、岡崎おうはんよりも、白身が水っぽくなるという欠点がありましたが、岡崎おうはんは、その点が改良され、味は横斑プリマスロックに負けない美味しさがあったので、こちらに変更をしました。この卵は、黄身が大きく濃厚なのが特徴で、中村農場ではさらに、甘みと旨味と後味の美味しさがプラスされるように、餌を作っています。黄身のオレンジ色を出している「パプリカ」やカニや鮭の色素「アスタキサンチン」も、着色のためではなく、美味しさのために与えています。パプリカやアスタキサンチンは、非常に価格が高価なのですが、これが八ヶ岳卵の重要な味のスパイスとなっています。

〈卵の鮮度や品質について〉こちら

RECOMMENDEDおすすめ商品

2022年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 休業日
  • 発送のみ